シベリアンハスキーランスの日々
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランスのフィラリアのお薬の受け取りと、九月頃と勧められていた注射の為に病院へ行ってきました。
受付で『凶暴犬の注射お願いします』とお願いしました。
看護師さんキョトンとしてるので再度『九月中旬に予定されてた凶暴犬の注射です』と言い切った。
『ランスくんの狂犬病の注射ですね』
『そうですそれです・・赤面』
動物病院で頭に注射するべきは私かも。


犬種別ポスターを見て待つ。

体重16キロ、検温、触診異常なしで、チクリと注射されても気付かない。(代々ウチのワンコは鈍感の様です)

犬登録票を記入していると、カウンターに前足を乗せ立ち上がり興味津々。



看護師さんに遊んでもらってご満悦なランス。
本当にソトヅラが大変良く、飛び付く事もあま咬みもせず静かに撫でられてる、家の中とは全く違う違いすぎる。

フードを残すことが多いけれど、ちゃんと大きくなっている。この前キッチンから盗み食いした海苔とクッキーで大きくなったの?
食べ物を手の届かない所に隠すなんて、トラくんオンちゃんが赤ちゃんの頃以来です。
スポンサーサイト

【2012/09/15 07:07】 | ランス
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。